患者様に優しい薬局をめざして マリーン調剤薬局

マリーン調剤薬局
img

採用情報

先輩の声

先輩ph
2016年入社 根本佳代子さん(薬剤師)
マリーンの魅力~一年目で感じたこと~

 私は学生時代、マリーン調剤薬局では実習していませんでした。しかし、何人かの実習生からとてもいい評判を聞き、見学を終えてその雰囲気の良さに惹かれ、マリーン調剤薬局にお世話になることを決めました。

実際に3店舗研修をしましたが、どの店舗も本当に和気あいあいとしている中で、きびきびとも働いており、スタッフ同士のチームワークの良さを感じることができました。

 また、この薬局は在宅医療に力をいれており、様々な患者様との関わり合いを持てることも大きな魅力の1つです。例えば、在宅業務で患者様の生活環境に合わせて服薬・管理方法を提案した時に服薬状況が改善されると、とても大きなやりがいを感じます。また、患者様から「ありがとう」と声を掛けていただくととても嬉しくなります。

 自分はまだまだ未熟者ですが、自分を成長させて下さる先輩方との出会いがあること、またそのような職場で働けることは、とても幸せなことと思います。

 「患者様のための薬局」の理念のもと、一緒にマリーン調剤薬局で働いてみませんか?

先輩ph
2015年入社 熊谷未来さん(薬剤師)
薬剤師として成長していける環境

 マリーン調剤薬局は、薬剤師として成長できる環境が整っていると感じます。いくつかの店舗をまわって研修を行なうことで、様々な診療科の処方に触れることができます。定期的に行われている症例検討会や薬歴添削は、日々の業務以外で知識を増やすとてもいい機会です。また、学会に参加させていただく機会もあり、最新の医療、薬学について幅広く学ぶことができました。若手のうちからこのような経験をさせていただいたことは、将来の自分にとって大きな財産となると思います。

 私は、「薬について学びたい」という思いで薬剤師を志しました。薬は、人を病気の苦しみから救ってくれる素晴らしいものである反面、副作用などで人を苦しめてしまうこともあります。責任が大きい仕事ではありますが、地域の人々の健康に役立つことができる、とてもやりがいのある仕事です。初心を忘れず日々勉強し、患者様の病気や薬に対する不安を少しでも取り除いてあげられるような、信頼される薬剤師を目指したいです。

先輩ph
2013年入社 有壁聡美(薬剤師チーフ)
「患者様と心が通う瞬間」

 入社のきっかけは大学時代の企業説明会でした。当時は病院薬剤師を志望していましたが、説明会で聞いた「患者様のための薬局」という経営理念に重要性を感じ、また地域の患者様とのコミュニケーションを密にしたいと考え、入社を決めました。

 現在働いている店舗は総合病院の門前にあり、扱う薬の種類はとても多く、はじめは薬を覚えることが非常に大変でしたが、知識の量は確実に増えたように思います。採用品は今でも毎月増えているため、自分の勉強はもちろん、メーカーや地域の薬剤師会が主催する勉強会にも積極的に参加しています。

 薬局にくる多くの患者様は不安を抱えていたり、最初は話してくれなかったりしますが、段々距離を縮めていくうちに、信頼してもらえる瞬間が来ます。私たち薬剤師は、患者様がいつでも気軽に相談できる存在になれるよう、患者様の想いを読み取りながら接することが大切だと思います。病気がすぐに治らなくても、マリーンに来ることで少しでも元気になってくれたらいいなという想いで働いています。

 皆さんも、私たちと一緒に「患者様のための薬局」を目指しませんか?

先輩ph
2012年入社 佐々木 猛(薬剤師チーフ)

Q1.マリーンに入社したきっかけは?
A1.①店舗見学の際に感じた、店舗の雰囲気の良さ
②『在宅業務をしたい』という希望があり、長年マリーンでは在宅に従事していたため、多くの経験や知識が得られると思ったため。


Q2.入社時に頑張っていたことは?
A2.ひたすらに患者様のお話を聞いていました。まずは、何を悩んでいるかを知り、分からないことは経験豊富な先輩方に質問をしていました。患者様が悩んでいることは、別の患者様も悩んでいるケースが多いため、いろいろなケースに対応できるようになりました。


Q3.現在(6年目)の目標は?
A3.2年間在宅業務専門を行い得た知識や経験や人脈を、『まだ在宅にはならないが支援が必要な他の患者様』のために生かし、地域医療の発展に努めていきたいです。


Q4.マリーンのアピールポイント
A4. 全店を通して仲が良いのが一番のアピールポイント。


 年齢の近い先輩や後輩も多く、相談をしやすい環境はこれまでも助けられたことが多くありました。

 一緒に楽しく仕事をしていきましょう!!

先輩ph
2006年入社 鈴木 健悟
(管理薬剤師兼エリアマネージャー)

『患者様のための薬局』

 就職活動時、経営理念にもあるこの言葉にとても感銘を受けました。『自分も患者様に優しい薬剤師になろう!』そう心に決め、マリーンへの就職を決めました。また、店舗見学時感じた雰囲気の良さもその決意を後押ししてくれました。患者様に接する姿勢のすばらしさや、スタッフの皆さんの人柄の良さを感じる事ができました。きっと皆さんも見学して頂くとわかります。

 突然ですが、皆さん、患者様からの『ありがとう』を聞きたくありませんか?薬剤師として、患者様からのこの言葉は宝です。中学生の頃『薬剤師を目指そう』と思い、夢見た理想の薬剤師の姿がマリーンにはありました。患者様が求めるものは何かを追求し、向上心を持って働いている他のスタッフの皆さんと一緒に働いていると、様々なことが吸収でき、自分も少しずつ成長していると実感できます。

 こんな幸せな環境を無駄にせず、日々変化する医療業界に順応できる薬剤師に成長し、患者様に質のよい、優しい医療を提供できる薬剤師になりたいです。

 皆さんがなりたい薬剤師とは、どんな薬剤師ですか?

先輩ph
2004年入社 飯塚知慈
(管理薬剤師兼エリアマネージャー)

 マリーン調剤薬局は、かかりつけ薬局機能を発揮して、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築に向けて既に動き出しています。また、保険調剤薬局は医療提供施設であると同時にサービス業でもあるため、襟を正して社会の求める事前期待を感じ取り、顧客に選んで頂かなければ淘汰されてしまう時代になっています。具体的には、「地域医療の受け皿として在宅業務」「公衆衛生への寄与として予防・啓発・相談対応」「地域のニーズに合わせた営業時間や時間外対応」「一般用医薬品・介護用品等の品揃えを含むサービス機能の強化」「薬剤師として専門力・地域力の向上」「医療職・福祉職・介護職等との多職種との地域連携」などが必要になると思いますが、全ては一朝一夕で身につくスキルではありません。既存の仕組みに囚われず、1人1人が業務改善の視点で物事を見つめ続けること。同じ釜の飯を食う仲間として一丸となり、薬学の専門化としてOJTを通し問題解決能力やコミュニケーション能力を磨くこと。患者様や地域住民を思いやる気持ちを大切にし、能動的に先輩や同僚と共に知識や経験を高め合い・補い合いながらスタッフ同士も切磋琢磨することが重要だと思います。医療人として社会人として成長できる環境が弊社にはあると思います。個人の成長は組織の成長につながり、社会貢献の機会が生まれてくると思います。患者様に優しい薬局作りを通して地域住民に愛される薬局を一緒に目指しましょう。